「きんくら」入ります

どもども、てっくです。

 

 

最近またブログサボってんじゃねーのか?あーん?

 

と言われることが増えてきたので

 

久しぶりに更新しますww

 

 

って言われたから更新すんのかって感じですがw

 

 

 

ちょっと関係ないんですが、

 

最近このブログでもメールマガジン始めようかなーと考えています。

 

それにあたって、

 

メルマガに登録してくれた方にささやかなプレゼントを考えているんですが

 

今それを検討&作成しようとしています。

 

また、そちらについても

 

進捗あり次第ご報告しますー。


 

 

☆ブログランキングに登録しています☆

今日の記事が面白かった、役に立った、と思った方はクリックお願いします♪


お酒・ドリンク ブログランキングへ

 

 NOMOOOというお酒に関するエンタメサイトで、ライターとして活動してます♪

nomooo

 


 

きんくら、入ります

 

最近は自宅でいろいろやることが増え

 

ビール飲みながらーとかやってると

 

酔っ払ってすぐに寝てしまうんですよねww

 

 

なぜ、家で飲むビールはすぐに酔っ払ってしまうんでしょうかww

 

 

そんなわけなので、最近あまりビール飲んでなかったんですが

 

先日、なんか珍しいビールを見かけたんで買ってみました。

 

 

 

 

と、その前に。

 

タイトルの「きんくら」ってなんじゃい?

 

って思いません??

 

 

今のうちに言っておきますが

 

某居酒屋チェーンの「金○蔵」のことではありませんww

 

 

 

そのタイトルの答えと、気になって購入したビールってのが

 

こちらだどーーーーーーーん

 

IMG_1715

 

 

ね、そのまんまでしょww

 

でも、そのまんまだからいいと思うんです。

 

 

んで、よく見ると下の方に

 

「蔵元が仕込んだ プレミアムビール」

 

と書いてありますね。

 

なんか丁寧に作られていて、うまそうな感じしないっすか??

 

そのキャッチコピーで僕は買ったんですけどねww

 

 

 

 

というわけで、実際に飲んでみました。

IMG_1716

 

 

どや?うまそやろ??

 

 

こちらのきんくら、

 

割と王道のピルスナータイプのビールですね。

 

のどごしもなかなか爽やかなので

 

これからの季節にピッタリで

 

渇いたのどにウルトラチャージできちゃいます☆

 

実際に僕もゴクゴクいけちゃいましたからね。

 

 

 

でもね、最近ビールの味よりも

 

そのビールが作られたストーリーだったりとか

 

歴史だったりのほうが

 

僕の中では重要だったりします。

 

 

で、このビールについて

 

ちょっくら調べてみました。

 

 

地産地消の職人芸

 

地産地消…

 

実は僕はこの言葉がとても好きです。

 

 

要するに

 

地元でとれた食材とかお酒は

 

地元で率先して消費しよう

 

という…ことですよね?

 

僕はそう思ってるんですけど。

(違ってたら指摘してください)

 

 

一見これは閉鎖的なように思えますが

 

僕なりの解釈で言えば

 

「地元の人間が、地元のものを愛せなくてどーすんの?」

 

ってことなんですよ。

 

 

 

例えば僕は神奈川県民ですが

 

僕は神奈川が大好きです。

 

どこがいいの?と聞かれるといっぱいあるので絞れないですが…w

 

 

だから、神奈川でできた食材とかお酒は

 

僕は率先して消費するようにしているし

 

実際においしいものも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

ってこれ以上脱線すると着地が見えなくなるので戻りますw

 

要するにこの「きんくら」も

 

地元愛にあふれているビールです。

 

 

この「きんくら」を発売しているのが

 

最近、いろんな食べ物系のフェスや

 

地ビールコーナーでも名前をよく見かける

 

「いわて蔵ビール」という地元企業の共同組合だそうです。

 

 

とにかく「安全・健康・地産地消」にこだわっているようで

 

ビール用の大麦など原材料は

 

全て地元産を使用しているとのこと。

 

 

ビールの原料であるホップとかっていうのは

 

どうしても輸入に頼りがちになってしまうところを

 

あえての地元産で貫いているようです。

 

これぞ地元愛が織りなす技ですよね。

 

 

そうやって地元愛を外に発信することによって

 

またそれに共感する人が出てきて

 

さらに和が広がると考えると

 

やっぱり地産地消って閉鎖的ではないと思うんです。

 

 

 

 

 

ま、あんまりうんちくを語ってもしょうがないので

 

僕が一番感動した部分だけ載せておくことにしますww

 

あなたも、何か商品を手に取ったら

 

その商品や会社ができたストーリーをたどってみると

 

面白いかもしれませんよ。

 

 

もし、あなたがそうしなくても

 

僕がこうやって記事にしますけどねwww

 

 

ちなみに、「きんくら」のシリーズで

 

他にも「あかくら」「くろくら」というビールもあります。

iwatekurabeer-can_main

 

 

 

あー長くなっちゃったので今日はこの辺で。

 

アディオス!

てっく
年間で100種類以上の国内外のクラフトビールを飲んでは、勝手に研究して自分勝手にブログを書いているダメサラリーマン。 最近は副業のネットビジネスで稼いだお金をビールにつぎ込んでいるとの噂もあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。