っていうか、クラフトビールってそもそもなんなのよ?

僕は神奈川県に住んでるんですけど、
 
 
どんどん台風近くなってきてますね…
 
 
あー…このまま
 
 
 
 
仕事休みになればいいのになぁ…
no working 
 
 
 
 
不謹慎でしたね、すみません。
 
 
てっくです。
 
 
 
 
 
 
 
 

最近こういうブログ書くようになって聞かれることが、
 
 
「クラフトビールってどんなビールなの?」
 
 
っていうことなんですけど、
 
 
 
 
そーいえば、クラフトビールって言葉を口にすることはあっても
 
定義みたいなものってちゃんと知らないな…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
っていうことで、
 
クラフトビールの定義ってやつを調べてみました!!
 
 
 
日本ビアジャーナリスト協会のHPから拝借した文によると、
 
 

クラフトビールの定義とは
 
小規模であること
独立していること
伝統的であること
 
 
っていうことらしいんだけど…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

どうゆうこと……??
what?
 
 
 
いやね、小規模であることと、独立していることっていうのはなんとなくわかるんですけど…
 
 
 
 
伝統的であること……????????
 
 
 
 
 
これがよくわからない。
 
ビール飲む前にいちいち、そのビールの歴史とか伝統を調べてから飲めって??
 
 
それはさすがにめんどくさい。。
 
 
それじゃクラフトビールの敷居が一気にあがって、誰も飲まなくなっちゃうじゃん!!
 
 

 
 

 
 
 
 

じゃなくて、
 
おそらく言いたいのはですね、
 
 
 
 
「伝統的な製法で作られているかどうか?」 
 
っていうことだと思うんですね。
 
 
 
でも、前にも言ったかもしれないですけど、
 
 
飲み手にはあんまり関係ないですよね、製法って。
 
 
 
 
ようはおいしいかどうか。
 
自分が求めてるものと一致してるかどうか。
 
 
 
 
製法とか歴史的な背景なんて、そんなのあとあと!!ですよね。
 
 
いちいちそんなの気にして飲んでられないですよね!!
 
 
 
 
 
 
って、クラフトビールが好きでブログ書いてる人の言うことではないかもしれないですけどww
 
 
 
でも、僕の言ってることも一理あると思うんですよ。
 
なので、
 
 
 
気にせず、好きなビールを好きなだけ飲みましょうってことですww!!
luck
 
 
 
 
 
逆に、
 
「これはクラフトビールじゃないだろう…」
 
 
っていうやつを探したほうが早いんじゃないかと思うんですよね。
 
 
 
例えば、日本だったらキ○ンとかアサ○とかが出してる、よくコンビニとかスーパーで売ってる、
みんなが知ってるあのビール。
 
あれは、独立してるし、もしかしたら伝統もあるかもしれないけど、決して小規模ではないですよね。
 

どっちかと言えば商業的なビールで、どう考えても、
 
「職人が醸造所で丹精込めて作りました…」
 
っていう感じではなさそうですよね。
 
 
 

外国のビールならば
 
バドワ○ザーとかハ○ネケンとかコ○ナも同じような感じがしますよね。
 
 
ま、これはあくまで僕の予想ですけど、
 
こうやって逆に商業的なビールを消去法で消していけば、
 
 
おのずとクラフトビールというジャンルのビールにたどり着くんではないかなぁと思います。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、ご存じかもしれないですし、もしかしたらお気づきかもしれませんが
 
日本の地ビールっていうのも、まさにクラフトビールですよね。
 
小規模であり、独立もしている。
 
ただ、伝統という点ではちょっと浅い気がするんですよね。
 
 
 
 
 

 
 
っていうのは、意外と日本の地ビールの歴史は浅くて、
 
昔は全然盛んではなかったみたいなんですね。
 
っていうのは、ビールを製造する免許を取得するには年間2000キロリットルを製造しなければいけなかったみたいです。大瓶換算で約316万本、それを一日に約8000本以上売らなければならなかったようです。
 
そりゃー中・小規模の会社ではちょっと難しいですよね…
 
 
 

しかし、1994年に年間で2000キロリットル製造しなければ取得できなかったビール製造の免許が、年間60キロリットルでよい、というふうに規制緩和されたんですね。
 

それって…えー…2000klの何分の一ですかねw
算数苦手なんでよくわかんないですけどww
 
 
それから中・小規模の会社も進んでビールを作るようになって
 
地ビールブールというのが起こりました。
(僕はそのころ、おそらく小学生か中学生ぐらいなので当時のことはわかませんがww)
 
 
それから20年も経つんですね。
 
今ではいろんな地域、いろんな製法でたくさんの地ビールが作られているみたいです。
 
 

「みたいです」って言ったのは、
 
僕もまだまだ知らないビールがいっぱいあるはずだからです!!
 
 
僕みたいなマニアにとっては、探究心くすぐりますね~www
 
 
 
 
だいたいクラフトビールってものについて、知ってもらえたでしょうか^^?
 
あなたなりの好きなビール、探してみてくださいね!!
 
そして、僕にも教えてください!!
 
 
それではまた!!
 
 


 
本日のびあー
 
 
さて、クラフトビールがうんたらかんたらエロそうに偉そうに書きましたけど、
 
 
今日はこちらです!!
vb
 
vb2

オーストラリアのビール

「Victoria Bitter」です!!
(通称:VB)
 
 
僕が1杯目に飲むビールで、世界一(暫定)のビールです!!
 
 
 
飲むとぎゅっとしたやや強い苦みがあるんですけど、
 
決してフルボディビールみたいな感じじゃなくて
 
キッチリ爽快感もあるので、
 
1杯目にはもってこいだと思います!!
 

ヴィクトリアビター瓶 375ml 4.9%

価格:340円
(2014/7/10 20:40時点)
感想(7件)


 
 
気になった方は、是非お試しください☆
 
 
 

てっく
年間で100種類以上の国内外のクラフトビールを飲んでは、勝手に研究して自分勝手にブログを書いているダメサラリーマン。 最近は副業のネットビジネスで稼いだお金をビールにつぎ込んでいるとの噂もあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。